アルフレッド・ハウゼ タンゴ・オーケストラ

〜来日55周年 / 生誕100周年記念〜
アルフレッド・ハウゼ タンゴ・オーケストラ
指揮:ジャック・パウエル

コンチネンタル・タンゴの王様 待望の来札!
心地良いタンゴのメロディと流麗なストリングスで極上な時間を・・・

★チケットは好評販売中!★

公演日時:2020年4月1日 (水) 開場12:45 / 開演13:30
会 場:札幌文化芸術劇場hitaru(札幌市中央区北1条西1丁目)
料金(税込):S席¥8,800 / A席¥7,700 / B席¥6,600 / ペア席(2名)¥16,600
備 考:※未就学児の入場不可
お問合せ:キョードー札幌☎011-221-0144 (9:30-18:00 / 土日祝休)
一般発売日:2019年11月15日(金)


お申込み頂く前に…
・お申込み頂いた後の変更・キャンセルはお受け出来ません。
・迷惑メール設定をされている場合、予約完了メールが届かない場合があります。
 『info@kyodosapporo.com』このメールアドレスを受信出来るよう、
 予め受信許可設定をしてからお申し込みください。
 「よくある質問」の「Q2」をご覧ください。


【アルフレッド・ハウゼ】
1921年北ドイツのヴェストファーレン生まれ。10歳の頃からヴァイオリンを始め、16歳の時に名高いワイマール音楽院で音楽教育を受ける。その後は音楽の勉強を続けるため、そしてダンス音楽の経験を積むためにベルリンに移り、オットー・ドブリント楽団、ハンス・ブント楽団、ヴィリー・シュタイナーの楽団などに参加して経験を積み、1942年に自身のオーケストラを設立する。戦後にハンブルグの北ドイツ放送局に入り、1948年には現在のアルフレッド・ハウゼ・タンゴ・オーケストラを結成。彼のスタイルは、戦前に有名なっていたコンチネンタル・タンゴに独自のアレンジを取り入れたもので、ドイツからヨーロッパなどで広く知られるようになる。

【アルフレッド・ハウゼ・タンゴ・オーケストラ】
アルフレッド・ハウゼにより設立されたオーケストラ。華麗で魅惑的なアレンジで「碧空」「真珠採りのタンゴ」などが代表演奏曲。これらは後にコンチネンタル・タンゴのスタンダードとなる。日本には1965年に初めて来日し、以後たびたび日本公演を行ったことで、レコードだけでなく、コンサートの演奏を通しても多くのファンを魅了する。更に2020年は来日55周年/生誕100周年の記念すべき年となる。


例年公演ツアーの大好評にお応えして2020年に彼らが再度来日!
指揮にはジャック・パウエル氏を迎え、アルフレッド・ハウゼのサウンドを忠実に再現いたします。新鮮な感動とタンゴの情熱を与えてくれる、コンチネンタル・タンゴの第一人者の華麗な演奏をお楽しみください。


チケット販売プレイガイド
キョードー・ミュージックソン(キョードー札幌内)・・・011-221-0144
道新プレイガイド[ https://doshin-playguide.jp/ ]・・・0570-00-3871
チケットぴあ[Pコード:170-181][ https://w.pia.jp/t/hause-hk/ ]・・・0570-02-9999
ローソンチケット[Lコード:11648][ https://l-tike.com/ ]・・・0570-084-001
チケットポート札幌店・・・011-214-2359
市民交流プラザチケットセンター ※電話でのチケット購入に関するお問合せは道新プレイガイドまでお願いします。
4